適応例

普段の生活を振り返ってみてください。知らず知らずのうちにこんな事をしていませんか?○脚を組む○椅子に浅く腰掛ける○テレビやパソコンなど体を捻って画面を見る

どれもほんの些細なことですが、常にそういう生活をする事によって
体の前後・左右の捻れができ、筋肉がこり、骨格のバランスが崩れてしまい、
症状として痛みが出てきてしまいます。

すべての痛みが骨格の歪みから来ているわけではありませんが、
骨格の歪みや筋肉のバランスを整えることによって、
多くの症状が改善する事もまた事実です。

痛みは体からの危険信号です。
痛み止めの薬を飲んで痛みを止めても、
それは痛みを出している根本を解決したわけではないのです。

【適応例】腰痛・寝違い・シビレ・肩こり・背中の痛み・座骨神経痛・便秘・腰痛・椎間板ヘルニア・慢性疲労・自律神経失調症・内蔵機能障害・五十肩・膝の痛み・生理不順・側弯症・ギックリ腰・その他